変圧器より重要な持ちモノ2つ!オーストラリアdeワーホリ

変圧器より重要な持ちモノ2つ!オーストラリアdeワーホリ

変圧器は持っていった方がいいか?とオーストラリアへのワーキングホリデーに行く方からよく質問を受けるのですが結論から言うと変圧器を必要とする電化製品を持っていく場合のみ必要になる!が答えです。しかし変圧器よりもっと重要なアイテムがいくつかありますので紹介します。

1:変圧器が必要になる電化製品とは?

2:差し込みプラグが絶対に必要です

3:パソコンを持って行くときの注意事項

4:結局変圧器は要らない

変圧器が必要になる電化製品とは

iphone

ワーホリや留学に行く時に持っていくであろう電化製品を挙げてみると、

パソコン デジカメ 電子辞書 ドライヤー 電気シェーバー スマホ タブレット端末 MP3プレイヤー こんなところでしょうか。

この中で変圧器を必要とする可能性があるのはドライヤーと電気シェーバーです。それ以外は恐らく変圧器を必要とせずオーストラリアで利用できると思います。

チェックポイント!

電化製品をコンセントにつなぐ時に必ずアダプターがあります。そのアダプターに小さい文字ですが100ー240Vと書いてあれば、その電化製品は変圧器を必要とせずオーストラリアで使うことができます。

アダブターに100V(110V)と表記があればその電化製品をオーストラリアで使う際に変圧器が必要になります。

日本の電圧は100Vに対しオーストラリアは240Vになります。

以下、私のパソコンのアダプターですがINPUT100ー240Vと書いてありますので変圧器は必要なくオーストラリアでも使えるということです。

adapter

デジカメもiphoneの充電機も確認しましたが240Vに対応しているので変圧器は必要ありません。

私の電気シェーバーは外国ブランドなので240Vにも対応していますが日本製のシェーバーだとアダプターにAC100Vと書いてあるかもしれません。その場合は必ず変圧器を使わないとオーストラリアでは使用できません。

ドライヤーも同様に日本製の物だと100Vの可能性が高く、そのドライヤーをオーストラリアで使う場合は変圧器が必要になります。

日本の電圧の100Vにしか対応していない電化製品(アダプター)をオーストラリアで使いたい場合は変圧器が必要になるということです。

まずは持っていく予定の電化製品のアダプターを確認してみて下さい。

必ず挿し込みプラグが必要です!

input

アダプターに100-240Vと書いてあり変圧器を必要としない電化製品を使う場合でもこのプラグが必要になりますので注意をしてください。

これはオーストラリアのコンセントに挿し込むためのプラグで先端がハの字になっているO型タイプと呼ばれるものです。

以下、iphoneの充電をする時に使う電源コードにO型プラグを挿し込むとこんな感じになります。

input3

ちなみにオーストラリアのコンセントはこんな形になっています。

input6

パソコン、デジカメ、電子辞書、スマホの充電など、変圧器が必要なくてもオーストラリアで使用する場合はこのプラグをいくつか持っていく必要があります。

家電量販店に行けば購入できると思いますがヤマダ電気で見てきたところ181円で売ってました。持ってゆく電化製品の数にもよりますが3つ、4つあっても良いと思います。

plug

近くに家電量販店が無い場合は例えばこことかで通販でも購入が可能です。

パソコンを持って行くときは要注意!

パソコン以外は上記で説明した挿し込みプラグがあれば良いのですがパソコンだけはもう1つアイテムが必要です。

パソコンを電源に挿して使う場合、以下のようなACアダプターとケーブル(電源コード)の2つが必要になっていると思います。ご自身のパソコンも確認してください。

adapter

code

input33つめの写真はTOSHIBAのサイトで見つけたものです。

アダブターは240Vに対応していると思いますが実はこのケーブル(電源コード)が240Vに対応していないと思います。私の物で確認をすると125Vと表記があります(TOSHIBAダイナブックを使っています)

オーストラリアにパソコンを持っていく場合は240Vに対応するケーブル(電源コード)を購入する必要があります。

ヤマダ電気では743円で売っていました。長さが20センチと短いもので、60センチは839円でした。

input10

上記の写真でアダブターに挿し込む方の穴が左は2つ、右は3つの穴になっていますよね?自分の使っているパソコンのアダブターがどっちのタイプか確認してから購入してください。

変圧器は持って行かなくていい

とりあえず、持っていくであろう大抵の電化製品は変圧器が必要ないことが分かってもらえたと思います。

女性の場合はヘアドライヤーとか、くるくるコテドライヤーを持っていこうと考えている人がいると思いますが変圧器が要らないタイプなら良いのですが変圧器を必要とする製品なら持って行かず現地で購入したほうが安上がりです。

例えばこの変圧器は3791円なんですが35ワットまでの対応なんです。ドライヤーって何百ワットとか(650Wとか)1200Wとか、とにかく大きなワット数が必要でこのくらいの金額で買える変圧器では対応できないんです。

transporter2

ヤマダ電機には売っていませんでしたが大きなワット数をカバーする変圧器は2万~3万円とか高額な商品でめちゃくちゃ重く、わざわざ高額で重たい変圧器を持っていくより現地で買ったほうが確実に利口です。

まとめ

まずは自分が持っていく電化製品のアダブターをチェックして100-240Vと表記されていれば変圧器を必要とせずオーストラリアで使うことができます。でも挿し込みプラグ(O型)が必要になります。

パソコンは240Vに対応するケーブル(電源コード)を購入する必要がある。ヘアドライヤーとか、くるくるドライヤーなどは現地で買った方が良い!

よって変圧器は持っていく必要が無い!という結論に至ります。

以上。


留学エージェントに言われるがまま、高すぎる海外保険への加入を考えていませんか?

最安値の保険は1年間(12ヶ月)で127520円からご案内しています。

海外保険の詳細についてはこちらをクリック


入国都市のこと、語学学校のこと、かかる費用のことなど、オーストラリアへの留学やワーホリについてのご相談があればお気軽に連絡してください。

オーストラリア留学&ワーホリの手続き無料エージェントLady Go to Australia

メールで相談  ・ LINEで相談

logo5

Return Top