留ホリ

留ホリ

日本語で受講できるRSA!オーストラリアのワーホリでアルバイト

日本語で受講できるRSA!オーストラリアのワーホリでアルバイト

オーストラリアの飲食店で働く際に必要なRSAはご存知ですか?QLD州、NSW州、VIC州、WA州など各州で違うRSA資格を用意しなければいけません。アルコールを取り扱う飲食店では必ず必要なのでワーホリ中にオーストラリアで働く場合は必要不可欠な資格となります。

目次

・RSAとは

・各州ごとにライセンスが必要です

・RSAの取得方法(スクールに通う・オンライン申請の方法など)

・日本語で受講できるオンライン申請

RSAを受講する前にUSIの申請が必要です重要ですクリックして読んで下さい

日本語で取得するRSAの申込みフォーム

RSAとは

RSA

アルコールを提供するレストランで働くのに欠かせないのがRSAという資格です。

Responsible Service of Alcoholの略で、オーストラリアでアルコール類を取り扱うお店で働く場合はこのRSA資格を取得し各州で定められているアルコールに関する法律を正しく理解する必要があります。

アルコールを取り扱うお店の面接では決まってRSAを持っているか?の確認がされライセンスの提示を求められます。

お酒の提供に直接関わらない飲食店でのキッチンハンドでも必要になるのでワーキングホリデーや留学ビザにてオーストラリア滞在中にレストランやカフェ等、飲食店で働く場合は必ず取得しなければならない資格です。

RSAの条件に違反すると高額な罰金や最高禁錮刑1年が科せられる場合もあるので最大限の注意が必要です。

各州ごとにライセンスが必要です

rsa6

ケアンズ、ブリスベン、ゴールドコーストなど、知名度の高い主要都市が位置しているのがクイーンズランド州(QLD州)

メルボルンはビクトリア州(VIC州

アデレードが位置するサウスオーストラリア州(SA州

パースが位置するのはウェスタンオーストラリア州(WA州

シドニーが位置するのがニューサウスウェールズ州(NSW州

 

各主要都市がある州は上記の通りですが、QLD州、SA州、WA州、NT州は、同一のRSA資格で働くことができます。要するにQLD州のケアンズやゴールドコーストで取得したRSAの資格はパース(WA州)で働く場合でも有効という意味です。

また、シドニー(NSW州)で取るRSAはNSW州のみ有効でメルボルンのVIC州も同じです。シドニーやメルボルンで取ったRSAの資格は他の州では有効にならないという意味です。

シドニーとケアンズの飲食店で働く場合はシドニーで働く際にNSW州のRSA資格を取りケアンズに移動したらQLD州のRSAを取る必要があるということです。

RSAの取得方法は2つ

rsa-school

1日でライセンスが取れる学校に通う

シドニー(NSW)、メルボルン(VIC)、及びタスマニア州は1日で取得できるスクールに通う必要があります。取得料金は$100~$120くらいです。

スクールに通う前にUSIの申請&取得をしましょう! (←重要なのでお読み下さい)

講習会(基本は英語)とテスト(50問)があり回答はその場で採点され、合格者には取得証明書(サティフィケート)が発行されます。

その後、顔写真の入ったRSAカードを持つことが義務付けられており上記にて証明書を取得した後にオンラインで予約を入れて郵便局に行き、手続き後にPhoto Competency Cardが郵送されてくる流れです。カード到着までには3週間ほどかかります。

郵便局での手続きにはRSA取得証明書と身分証明書(パスポートなど)が必要です。

郵便局での手続き方法

最寄りのAustralia Postで写真撮影の予約をするため、ここから最寄りの郵便局を探してください。全ての郵便局で写真撮影が出来ないようなのでご注意下さい。自分が予約したい郵便局のMake Appointmentと書いてあるボタンを押して予約を完了させます。

予約後は直ぐに郵便局からAppointment Confirmationが登録した携帯電話の番号、もしくはメールアドレスにメッセージで届きます。

郵便局で顔写真の撮影 

予約した日時に郵便局へ行くときはRSAの取得証明書、身分証明書(100ポイント以上)を用意する必要があります。

ポイント数の確認はこちら

パスポート 70ポイント  

運転免許書(AUS) 40ポイント  

写真付き学生書  25ポイント  

メディケアカード 25ポイント  

健康保険書    25ポイント  

銀行口座残高証明書 25ポイント  

デビットカード   25ポイント  

クレジットカード  25ポイント  

国際免許書     25ポイント

ワーホリや留学生の場合、パスポート、クレジットカード、銀行残高証明書、国際免許あたりの用意ができると思うので100ポイントを超えることができるでしょう。

その後、約3週間ほどでフォトカードが届きます。カードを受け取ったらカードの情報に誤りがないか確認して下さい。

オンライン(WEB)で申請する

rsa-online

QLD州、WA州、SA州、NT州のRSAはオンラインで受講&取得ができて、申請料金も$50程度です。

オンライン受講の前にUSIの申請&取得をしましょう! (←重要なのでお読み下さい)

ライセンス発行までの道のりは長々と英語での説明を読み、それを理解して選択問題の試験に合格してライセンスが発行されます。

英語の読解に長い時間を要しオンライン受講が終了するまでには7時間以上が必要になると思います。英語に慣れている方でも4時間は必要です。

終了後は以下のような修了証明書が添付メールで送られてくるのでそれをプリントアウトして頂き、原本は保持してアルバイト先に提出が必要であればコピーを渡すと良いでしょう。

rsa-sample

QLD、WA、SA、NT州のRSAは顔写真の入ったPhoto Competency Cardは必要ありません。

オンラインでの申請方法

申請サイト

このようなサイトからまずはユーザー登録をして受講料を支払います。支払い方法はペイパル(Paypal)やクレジットカードとなります。

登録したメールアドレスに決済完了とアクセス情報の知らせが届きます。そしてログイン後にオンラインコースを開始する流れとなります。

本人であることを証明する為、IDのコピーを添付してメールにて送る必要がありますがIDはパスポートが良いでしょう。

3、4時間ほど終了できると記載もありますが3、4時間で終わらせるには英語力、読解力が相当必要です。通常は7~8時間はかかると思って下さい。

その後、1,2営業日以内にRSA Interim Certificateが添付されたPDFファイルと一緒にRSAのコースを終了したというお知らせがメールで届きます。

RSAのコース概要

・アルコールによる犯罪の基礎知識  

・アルコールの販売方法 

・未成年者に対する処置 

・経営者の責任 

・スタッフの責任 

・お客側の責任 

・酔っぱらいの対処方法 

・法的知識

などの項目を英文で学んでいきます。

未成年者へのお酒を提供をした場合は最高で$11000の罰金、及び、1年の禁錮刑に処されるなど、RSAの資格を取得しているから安心という訳ではなく、正しく法律を理解する必要があるので注意が必要です!

テストは選択問題なので結果的に合格することはできると思うのですが長々と英文を読むのは相当な時間とストレスがかかります。

そして何よりも重要なのが英語の文章をきちんと理解して進めるか?だと思います。

日本語での受講が可能です

apply

QLD、WA、SA、NT州のRSAはオンラインでの申請&取得ができると案内しましたが説明やテストは基本全て英語です。

英語力が乏しい方は相当な時間を要し、英語の読解にすごく苦労をすると思います。なので日本語で受講できるのが一番最適です!

日本語で学ぶことができれば資格を取得するだけではなく十分にRSAの内容を理解することができます。

また、英語の読解に時間を要し7時間~8時間はかかるであろうものが日本語での受講により大幅に短縮することができます。

日本語でのRSA取得コースの料金

オンライン受講料 $49

オーストラリア政府から正式な認可が降りているオンライン受講制度で、発行されるライセンスは国から認可される正式なRSAライセンスです。

既にオーストラリアに滞在中でこれからアルバイトをする方は勿論ですが、近くワーホリに行く予定で、まだ日本に居る場合でもオンライン受講は可能です!

日本語でのオンライン受講を希望する場合はこちらより登録ができます。

RSA日本語オンライン受講の登録フォーム


情報提供

オーストラリア留学&ワーホリの手続き無料エージェントLady Go to Australia

メールで相談 ・ LINEで相談

Return Top