豪ドルは高くなるのか|日銀の新たな金融緩和が決定され円安方向に振れるのか

豪ドルは高くなるのか|日銀の新たな金融緩和が決定され円安方向に振れるのか

今日、2016年1月29日午後12:30分頃、日本銀行の新たな金融緩和の決定を受けて外国為替レートは円安方向へ2円ほど振れ、株式市場も一時500円を超える株高方向に振れました。

豪ドルに関して言えば

昨年末あたりの一番高かった豪ドルの為替レートと、今年に入ってから一番安かったレートで比べると10円ほど値下がりをしていたのですが、普通に考えればこの政策金利の結果を受けて今後は円安方向(豪ドルが高くなる)に振れる可能性が高いと予測します。

せっかく大きく下がっていた豪ドルだけに、この決定はこれからオーストラリアに行く方々にとっては痛手な決定になりそうかも・・

参考サイト

円高から円安の方向に振れるのか

2016年が明けてから、中国経済の減退、原油価格の下落、その他の世界情勢等、様々な要因があると思いますが世界同時株安が起こっており、日本の日経平均株価も大きく値下がりをしていました。

比例するかの様に安心な通貨とされる日本円が買われ、円高・ドル安の傾向になっていました。

これからオーストラリア(他、海外)に行く人にとっては円高の方がメリットが高いと言えます。日本円から豪ドルに両替をするにしても良いし、語学学校に支払う日本円の金額も円高の方がお得になります。

せっかく大きく下がっていた外貨(為替レート)でしたが、通常で考えるとこの政策金利の決定を受けて上がってゆくと予測します。

しかし、今の世界情勢は本当に何が起こるか分かりません。

なにか大きな事が世界で起こり、さらなる株安・円高になる可能性もあるでしょう。

特に懸念するのは中国経済の行方、そしてイスラム国のさらなる悪行など・・・


情報提供元:手続き無料の留学エージェントLady Go to Australia

オーストラリア留学&ワーホリの手続きは無料エージェントのLady Go to Australiaまで!

メールで相談 ・ LINEで相談

Return Top