ワーホリでホームステイ!外国人が好むお土産を調査した結果

ワーホリでホームステイ!外国人が好むお土産を調査した結果

ホームステイ先へのお土産で何かお勧めの物ってありますか?という質問を沢山いただきます。手ぶらでお邪魔するのも何だしなと思うのは当然だと思うのでお手頃な価格で荷物にもならず!という物を想定して日本らしい小物類が置いてあるお店に行って調査をしてきました。

外国人がお土産で買うものを調査したところ

souvenir3

羽田空港へのアクセスが良い東京の品川駅にあり、外国人観光客が沢山訪れるお店マスターズクラフトさんに行き、店員さんをつかまえて色々と話しを聞いてきました。

「どんなものを外国人観光客の方は買っていきますか?」という質問をしたところ、made in Chinaじゃないもの!っていう答えが返ってきたのですが「なるほど!」と納得してしまいました(笑)

布製品だったり、小物だったり、安価な商品って中国で作られていることが多いじゃないですか?品定めをする際にタグを見てどこで作られているか確認するんですって。この店ではポップに日本製ってガッツリ書いてました。聞いてみて初めて「そりゃそうだよね!」と気付かされました。

人気があるのはやっぱり和物。そんなに高いものじゃなくMade in Japanで売れている物を聞いたところ、この3つが売れ筋のようです。

samurai

↑ 私これ凄く良いなと思いました。

ワインボトルホルダーなんですが、オーストラリアはワインの消費量も多いし、飾っておいても可愛らしく、買いやすい値段で持ってゆくにしても軽くてGood!

真ん中の侍のが2592円、右の華やかな着物が3240円、左の着物が2160円でした。お店から帰宅して商品を検索してみたのですが観光庁で金賞とか取っている優れた作品の様で他にも沢山の種類がありました。

こちらをご覧ください。

このサイトで商品も購入できるみたいです。

samurai1

↑ かんざしです。

日本製としっかり書いてますが作者が作品を作っている様子の写真も貼ってありました。人気の商品らしいです。お値段は3780円でした。

付け方を教えてあげるとか、髪を結って実際に付けてあげるとか、ホストとのスキンシップにもコミュニケーションにも繋がって良さそうですよね!

samurai2

↑ 左がポーチで、右が携帯ケースです。

ホストマザーや女の子がいるホスト先であれば、こういったポーチは用途もあり喜ばれそうですよね。

和柄の折りたたみ傘があって良いな!と思ったのですがmade in Chinaでした。海外で折りたたみ傘はあまり売っているのを見ないし良いなと思ったのですが。あとは和柄のタペストリーとか箸も定番人気商品みたいです。

このお店にはあまり置いていませんでしたが世界文化遺産になった「富士山モノ」も良いと思うんです。富士山の存在は知っていると思うし世界遺産に登録されたなんていう会話の話題にもなりますしね。どこかで富士山の形をした「ぐい呑」がありましたが、面白くて良いなと思いました。

検索すると富士山ぐい呑出てきます。

子供がいるホストにはお菓子もお勧め

sweats

砂糖たっぷりの甘いお菓子が多い海外。日本のお菓子って品が良いなと思わされます。

以前テレビで観たのですが、抹茶味のお菓子を外国人観光客がお土産として大量に買っていました。我々日本人が海外に行きマカダミアチョコを買うのと一緒かな(笑)

私が住む近所のスーパーでも外国人カップルと若き店員さんが何やら話していて、英語が分からない店員さんだったのでカップルを助けてあげると、母親や友人のお土産として抹茶のティーパックを欲しがっていました。どうやら外国人には抹茶がテッパンのようです。

キットカットやポッキーの抹茶味が人気だそうです。キットカットは海外にも売ってますが抹茶味は無いのでお土産として面白いかもですね!100均に行ってもお菓子類に抹茶味が多いのに気付かされます。

普段買わないので抹茶味のお菓子は意識したことが無かったのですが近所のスーパーに行ってみたら確かに抹茶味のお菓子が沢山並んでいました。

sweat1

sweat2

sweats3

注意たいていのお菓子類であれば税関は通りますが申告は必ず必要です。万が一税関を通らない物だったとしても罰金は無く没収されるだけです。

意外と喜ばれるモノ

pen

こんなものお土産になるの?と、我々日本人は思うかもしれませんが文房具はお勧めです。日本の文房具のセンスやアイデアって世界一の様な気がします。

お店に行けば当たり前のように売っているので気づかないと思いますが蛍光ペンの種類1つとってもかなり日本は多いと思います。種類も色々と充実してるし。ホストファミリーに子供がいたら可愛らしい蛍光ペンとか、カラーのボールペンなどもお勧めです。

日本のアニメーションも人気があるので、例えばですがドラえもんやワンピースのキャラクターが描かれているノートやペンとか、キャラクター系の文房具もありですね。ディズニー系は現地でも売っている可能性が高いのでNo Good!

文房具じゃありませんが缶切りが使いにくかったんですよ。日本の缶切りは性能が良いと思うのでそれもお土産にしてみるのも面白いかも!

 

なお、お土産を渡すタイミングは到着して部屋に通され荷物を置き、一息ついたら渡しても良いでしょう。家族全員が揃っていなければ全員が揃うタイミング(夕食時など)にでも良いと思います。

I have a small gift for you、なんて言葉をそえて渡してみてください。

 まとめ

last words

手ぶらでは気が引けると思うので何らかのお土産は持っていったほうが良いと思いますが、あまり気を使いすぎなくてもいいと思います。会話のきっかけになるネタになればそれで良いと思うので。

お土産より大事なことは部屋に閉じこもること無く積極的にホストファミリーとコミュニケーションを取り、滞在を楽しんでくれている様子を見れることがホストにとっては一番喜ばしいことです。

別のお店に行ける機会があれば、また違う売れ筋商品を調査してみたいと思います。

以上。


留学エージェントに言われるがまま、高すぎる海外保険への加入を考えていませんか?

最安値の保険は1年間(12ヶ月)で127520円からご案内しています。

海外保険の詳細についてはこちらをクリック


入国都市のこと、語学学校のこと、かかる費用のことなど、オーストラリアへの留学やワーホリについてのご相談があればお気軽に連絡してください。

オーストラリア留学&ワーホリの手続き無料エージェントLady Go to Australia

メールで相談 ・ LINEで相談

logo5

Return Top