行ってから気付いた持ってくれば良かった持ち物や荷物!オーストラリアのワーホリ編

行ってから気付いた持ってくれば良かった持ち物や荷物!オーストラリアのワーホリ編

オーストラリアのワーホリに持って行った方が良いお勧めの物ってありますか?と質問されますが、実際に滞在してみないと気付かないコレは持ってけ!という物を紹介します。現地でも買える物は省き(例えば虫除けスプレーとか)日本の製品だからこそ良い!という物を紹介します。

日本製だからお勧めの物

staffs1

・ウナ/キンカン(痒み止め系の医薬品)

これら、かゆみ止め系はオーストラリアにいたら必須です。現地で買うやつはスースー感が足らず、なにか物足らなさを感じます。

普段の生活や、ファーム(農場)に行ったりすると蚊に刺されることも多いので。2つくらい持っていっても良いかも!

・湿布薬やオロナイン

いざって時に重宝する時がくると思うので。結構、湿布は大事!って言う人が多いです。オロナイン軟膏、これ重宝する~って人、結構多いです。

・目薬やアイボン

個人的にオーストラリアで目薬を買って、これもスースー感というか物足らなさを感じたので日本から持ってくこと勧めます。

アイボンはコンタクトレンズを使用している人には特にお勧めで、個人的にアイボンはかなり重宝すると思います。

・コンソメスープの素

現地でも固形スープの類似品は買えますが、日本で買うコンソメの素の味はあまり無く美味しいし、いろんな料理に使えて便利!

・腹巻き

オーストラリアは夏場になると冷房ガンガンで、特に女性は冷えると思うので重宝すると思います。現地では腹巻きを売ってるのを見たことが無いので日本から持っていっても良いかも。

・お灸

誰かが持ってきてて何人かでお灸をしながら盛り上がったのですが、効能もあるし、臭いが落ち着くんですよね。ある意味盛り上がるパーティーグッズ的な要素もあり。

・部屋干し用の洗濯バサミ

100均で買える簡易的な円形タイプ(洗濯バサミが沢山ついてる)です。特に女性は自分の部屋で下着なんかを干す時に重宝すると思います。

・お気に入りの歯ブラシ

オーストラリアのは硬めでサイズ感が大きめ。日本の製品の素晴らしさを感じます。

他、必需品リストはこちらでご覧ください。

 

ワーホリ経験者、及び、オーストラリア滞在者に聞いた「持ってきて良かった、持ってくれば良かったモノ」を以下に記載しますので参考にして下さい。

投稿者1

《ファーム》

・襟付き長袖シャツ←暑いけど日焼け止めのためシャツ必要!首裏を焼かないためにえり必要!



・痒み止め←効きそうなもの(笑)虫刺され、頑固です!ハンパなく、痒いです!蒸し暑いところへ行く方は、あせも対策必要です!私は出ました。



・軍手、



《バッパー生活》

・日本のスーパーのレジ袋←こんなに、頑丈な袋はオーストラリアには、ありません。私は洗濯物入れにして口をギューっと縛っていました!何回でも使えます、かさばらないし!



・数個の洗濯バサミ

お菓子の袋のクリップがわり。忘れ物しないように目につくところへ何かを挟んでおける。いつでもつかえる!



《普通の生活》

・ストール←日焼け対策にもなるし、お店に入って寒いと感じたら、肩にかけれます



・サングラス必須、綿棒もおすすめ!

 

投稿者2

・タコ足洗濯バサミ

洗濯する時本当に便利でした!少し嵩張るのですが帰りは欲しいという人にあげて帰ってきました



・クロックス

向こうはベッドでの生活になると思うので、靴下を履いてても裸足でも濡れた足でも気にせず履けるクロックスは便利です。



・ノート(ルーズリーフ)

勉強するなら!向こうで売ってる用紙はペラペラで裏に透ける上によく破けます。

基本的な筆記用具は持って行くほうが良いです。



タオル

向こうで買った物はモロモロと繊維が崩れるものが多かったです。



・お箸

ラーメンとか食べるのに意外と使います

 

投稿者3

・ビーサン

バッパーに泊まるときに、シャワーしかないバッパーがほとんどなのでビーサンは必需品です。



・折りたたみ傘

日本の質が良い折りたたみ傘は重宝します。



・雨をはじくパーカー

軽くて持ち運び便利な雨をはじくパーカーやダウン、日本では手頃な値段で手に入るけどこっちでは結構な値段です。



・裁縫セット

百均で買って、どの国でも大活躍です。



・洗濯ネット

洗濯機が荒いせいか、すぐに洋服が痛むのでネットを使うことをお勧めします。

どこの国でも買えるけど、やはり日本は質が良くて安いです。



・ヘアートリートメント

特に洗い流さないトリートメントを探すのは苦労しました。

ケアンズは日差しも強く、ビーチに行ったらすぐに髪の毛がパサパサに。

女の子は特に必要な気がします。



・ペン

どこの国のペンもすぐに壊れたり、新品なのにインクが出なかったり。



・日本の地図がプリントされてる紙のコースター

仲良くなった子に思い出としてあげてました。

自分の出身の県に印と、一言添えて。

みんな極力荷物を少なくしたいので、軽くて荷物にならないコースターはとても喜んでくれてました。

 

投稿者4

文具:オーストラリアの文具は粗悪なので、日本から持ってきたほうが良いと思います。細かい話ですが、シャーペンの芯はこちらではほどHBしかないです。

また、ルーズリーフ??を使用したい方は持参したほうがよいと思います。

日焼け止め:日本のもののほうが日本人の肌にあうと思います

タイツやストッキング:こちらのものは高いのに未開封でも穴があいているものもあるので。

100均の菜箸や箸、酔い止めの薬、爪きり、耳かき、髪用のゴム、ローションを含んだシートマスク(お土産にも)

 

投稿者5

一般的な日本製品はフジマートやダイソーがあれば手に入ります。

ただ!とにかく高くて値段と品質が比例しません…

妥協して色々わんさか買っちゃいましたけどw



それでも持っていって正解だったもの→

薬、基礎化粧品、化粧品(こっちの化粧品はホントに高い!日本と同じものが倍近くするものもありました)、

ファブリーズ(詰め替え用も!w)、文房具、かわいいデコシール(ホームステイ先にお礼のメッセージカードとか外国人の友達へのバースデーカードとかにすごく役立ちました。こっちには日本にあるような可愛くて安いシールが売ってなかったので)、

裁縫セット、うちわ or 扇子(暑くて授業中に重宝しました)



持って行けば良かったもの→

リード付きパスケース(びよーんと伸びて改札でピッとできるやつ。こんな便利なものはこっちにはないです!よく電車やバスを使うので日本から送ってもらいましたw)、

むしごむ(こっちの自転車はホントによくパンクします‼︎タイヤチューブを交換すればいいんですが、買いに行っても同じサイズが棚にない時が…そんな品揃えの悪い時に助かります笑)

 

投稿者6

先に挙げている方がいましたが、

日焼け止めはやはり日本の物がいいと思いました。

オーストラリアで売っているものは

SPF50のものをあまり見かけなかったのと、

塗り心地がベトベトで白く残ってしまう印象が…。



ビーチで遊ぶことが多いし、

日常でも日本にいた時より気にかける頻度が多いので、

多めに持っていったほうがいいと思います!

私も多めに持っていったけど、

足りなくなって送ってもらったほど…。



あとは、お化粧品関係も使い慣れた日本の物がよかったかなぁ。

特にファンデーションは自分の色味に合うものに出会うのが難しかったです。

韓国系のショップに行ったらあったかなぁ〜。



文房具は間違いなく日本製がいいです。

 

その他の投稿

地球の歩き方、消せるボールペン、アロンアルファ、眉マスカラ、ガラコ(車のフロントガラス用)、めんつゆ、水筒、お弁当箱。なんていう意見もありました。

以上。


留学エージェントに言われるがまま、高すぎる海外保険への加入を考えていませんか?

最安値の保険は1年間(12ヶ月)で127520円からご案内しています。

海外保険の詳細についてはこちらをクリック

Return Top