おすすめや口コミは当てにせずエージェントを選ぶ方法!オーストラリアdeワーホリ

おすすめや口コミは当てにせずエージェントを選ぶ方法!オーストラリアdeワーホリ

留学やワーホリを考えたり準備をするうえで留学エージェントに相談しようと思ってもどこの会社が良いか?どこに申し込めば良いか?頭を悩ませると思います。おすすめ、口コミ、評判、比較も当てにならないしなと。なのでエージェント選びのヒントになればと思い書き綴ってみます。

目次

1:頭に入れておいて頂きたいこと

2:手続きやサポートが無料の会社を選ぶ

3:有料と無料エージェントの基本的な違い

4:どんな留学会社を選べば良いのか

5:相談するカウンセラーとの相性

6:頼り過ぎにもご注意

7:まとめ

頭に入れておいて頂きたいこと

working-holiday

最初にお伝えすべきことは、留学やワーホリでの生活が充実するか否かは、どの留学エージェントを利用したかという結果では無く、実際にオーストラリアで生活をする本人の心構えや行動力、積極性がものをいいます。

英語が話せるようになりたくてオーストラリアへの留学やワーホリを考えている人がほとんどだと思いますが、どんどん飛び込んでゆく積極性や行動力が無ければ思うような結果は残せません。

私はこの仕事(留学業)に就き今年で16年目となりますが、留学エージェントの役割は行きたい人の背中をそっと押してあげる事だと思っています。当たり前ですが留学エージェントは脇役であり、主役は行く本人です。

留学エージェントは行く為のお手伝いや情報提供はできますが、行く本人がどのようにオーストラリアを楽しみ、そして充実させるかは留学エージェントの力量やサポートの内容ではありません。到着後における本人の心構えや行動力の結果です。

これは深く心に留めておいて頂ければと思います。

サポートが無料の留学エージェントを選ぶ

choice

世の中には沢山の留学会社があり、ホームページを検索しても似たようなことばかり書いてあるので選びにくいのは当然です。違いもよく分からないし何を基準に選んだら良いのやら・・・

1つ確実なアドバイスをするならば、手続きやサポートが無料のエージェントを選ぶことです。

それと、できれば専門店に依頼すると良いと思います。オーストラリアへのワーホリや留学に行くならオーストラリアを専門に取り扱う留学会社という意味です。理由は後ほど書きます。

以下、長く書くとややっこしいので簡潔に書きますが、留学エージェントには2つのタイプがあり手続き無料エージェント手続き有料エージェントがあります。

手続き無料エージェント

語学学校や滞在先の手配、その他における準備やサポートを無料で提供してくれます。

手続き有料エージェント

サポート料として8万~30万円(会社により異なる)を支払う必要があります。

なにが違うの、この2つ・・・

thinking

手続き無料エージェント

そもそも、なんで無料で出来るの?と疑問に思うかもしれませんね!

その答えは、語学学校の申込みをその留学エージェントに依頼することによりエージェントは語学学校から申込みに対する手数料がもらえるのです。その手数料が会社の利益となり、その対価としてサポートを無料で提供できるようになっています。これが無料エージェントの特徴です。

エージェントに支払う金額は語学学校やホームステイ料金など、申し込んだ分の実費しか必要ありません。仮に自分で学校を手続きしても同じ金額を払う必要があるのでサポートを無料で提供してくれる手続き無料エージェントであれば申し込むメリットは確実にあります。

手続き有料エージェント

語学学校やホームステイに必要な実費の他、サポート料として8万~30万円など余分にお金を支払う必要があります。

一般的に有料エージェントは、いわゆる大手と言われる留学会社で一等地にオフィスを構え、従業員を多く抱え、宣伝や広告費に沢山のお金がかかっていて、それを埋めるためにお客様からサポート料を徴収せざるを得ないのです。

一括資料請求をしたことがある人なら分かると思いますが数社から資料が届いたと思います。そのほとんどが大手の留学会社になると思います。

しつこい電話勧誘やカウンセリングに行ったその日に申込みを強く迫られたら、きっとその会社は大手の有料エージェントだと思います。

無料エージェントも有料エージェントも正直、サポート内容に大差はありません。大手という安心感だけかもです!

具体的な会社名はふせますが大きな留学フェアーも開催している某有名有料エージェントが出した具体的な見積もりが以下の画像です。

実際に見積もりをしてもらった方から入手したもので、10ヶ月、学校に通う場合の見積もりです。合計金額は¥2,851,830です。

fee3

そして、基本的に同じ内容の見積もりを当社で行った金額が2,273,975円でした。その差額は577,855円です。

必要でないものは省き、費用を抑えられる方法で案内をした当社との差額は577855円にもなりました。

続いて、以下は語学学校に12週間通う場合見積もりですが、上記とは別会社の見積書となるのでご覧ください。

合計金額は¥1,307,875です。

agent fee1

そして、基本的に同じ内容になるように当社で見積もった金額は990,426円になりました。その差額は317,449円です。3ヶ月(12週間)学校に通う金額でも30万以上の差額があります。

これが有料エージェントと無料エージェントの大きな大きな差です。

なぜこんなにも差額が生じるのかを見積もりの依頼者に説明したメールも記載します。

まず、一番大きいのは語学学校の授業料がキャンペーン価格になっておらず、学校が出す正規料金の週$400x12週間として計算がされています。$400x12週間=$4800 x 103円の為替レート =494400円という具合です。

現在、Lexis Englishではキャンペーン価格により2016年1月末までの申込みで週$360x12週間として申込みが可能です!なので当社はそのキャンペーン価格にてお見積りを作りました。

そして、差額が出る大きな要因のひとつが豪ドルの為替レートの設定金額です。当社が提示した金額は本日(2015年12月18日付)の豪ドルの為替レート $1=89.74円にて換算をしています。

有料エージェントさんの見積もりにおける為替レートは$1=103円で計算されています。正直、高すぎるレートの設定で、ここだけでも大きな差額を生む要因となっています。

そして「プログラム申込み金」となっている146880円はサポート料や手配料のことだと思いますが、当社ではそれが無料です。ほかビザの取得サポートや諸々が当社では無料なのでこれほど大きな差額を生んでいます。

海外保険料も245330円と見積もられていますがこれも高額過ぎると思います。当社では最安値127520円からご案内をしております。

安めの海外保険についてはこちらをご覧下さい。

以上

どの無料エージェントに依頼しようか・・

which

とりあえず、手続き無料エージェントに依頼すれば良いことが分かってくれたと思います。その上でさらに細かい情報を差し上げます。

例えば、あなたがゴールドコーストのABC-Englishという語学学校に2ヶ月通いホームステイを1ヶ月申し込むためどの留学会社に依頼しようか迷っているとします。

ABC-Englishで2ヶ月の学費+ホームステイを1ヶ月申し込んだ場合の実費は$4000だったとしましょう。この$4000の請求金額はどの無料エージェントで申し込んでも基本的に同額なんですが、

Aという留学会社に依頼した場合の支払い額

Aという留学会社に依頼した支払い額のシミュレーションをしてみます。

$4000x98円(支払い時のオーストラリアドルの為替レート)=392000円 + 学校に送金する為の海外送金料4500円 合計396500円の支払額になります。

Bという留学会社に依頼した場合の支払い額

Bという留学会社に依頼した支払い額のシミュレーションをしてみます。

$4000x101円(支払い時のオーストラリアドルの為替レート)=404000円 + 学校に送金する為の海外送金料6500円 合計410500円

差額が14000円もある・・・

あまり細かく伝えるとかえって分かりづらいかもですが事実として伝えると、留学会社によって為替レートの設定金額や海外送金料が異なります。そこでこのような差額が生まれるのです。

良心的な無料エージェントはしていませんが、ある有名な無料エージェントは支払い時の為替レートを高めに設定します。そうすると払う側は損をします。

すごい細かいことかもですが、このような違いが出ますから申し込もうとしている留学エージェントが設定する支払い時の為替レートや海外送金料はいくらか?という質問をして違いを見極めるのも1つの手です。

また、見積もりの際の為替レート(換算レート)も要注意です。数社に同じ内容の見積もりを出しても日本円での支払額が大きく異る場合があります。

これは意図的に為替レートを安く設定して支払額を安く見せようとするものです。為替レートを安くすればするほど日本円での支払額の合計が少なくなるのです。

見積もりが一番安い会社だったからと申込みをしても、いざ実際に支払う際の為替レート(換算レート)がぜんぜん違う場合があります。これ要注意です!

どの会社がこのような事をするのか把握していますが公のサイトなので固有名詞は控えます。

専門店に依頼すべきです

近年はインターネットの普及により、わりと容易に留学会社を起業する人も多くなっている印象をうけます。正直、豊富な知識と経験が無くても留学会社は起業できます。

私がオーストラリアを専門とする留学会社を起業しているから言うわけではありませんが、依頼するなら行く国を専門に取り扱う留学会社が良いと思います。

カナダにワーホリや留学に行くならカナダを専門とする留学会社へ、ニュージーに行くならニュージーの専門店、オーストラリアへのワーホリや留学に行くならオーストラリアを専門に取り扱う留学会社に依頼すべきです。

理由は明確です。その国に特化した細かな専門の情報を集めてお客様に提供できるからです。

私は世界十数カ国を取り扱う留学会社で5年間の勤務をして独立をしましたが、その会社では行ったこともない国の説明もお客様にしていました。今考えると行ったこともない国の説明をあたかも沢山知ってますよ!みたいな顔で説明していたと思います。

大手の留学会社は世界各国を取り扱っていますが、全ての国の細かい情報まで絶対にインプットされていないはずです。ようは詰め込んだようなあれきたりの情報です。

ここ数年でフィリピン留学を取り扱う留学会社が異常に増えました。フィリピン留学の渡航者の増加により、比例してフィリピンの語学学校も、フィリピン留学専門店なんかも異常に増えています。

新規の全ての留学代理店を知っているわけじゃありませんが、私が見ている中ですと全然知識がありません。

オーストラリアに限っていえば、フィリピン留学+オーストラリアワーホリ!なんていうパターンの人も多いと思いますが、フィリピン専門店のカウンセラーはオーストラリアのワーホリビザの申請方法すら説明できない人もいます。

留学手続きの代理業は出来ても、細かな情報まで仕入れることができていないのです。

そんな留学会社にあなた様は申し込みたいと思いますか?

絶対に専門店に依頼すべきだと思います。

海外保険への強制加入や携帯電話の契約も注意

海外保険はその留学会社の指定の保険会社(結構高めの保険を勧められる)へ絶対に加入することが条件だったり、現地で利用する携帯電話も必須加入だったりすることもあるのでこの点も注意が必要です。

1年間で15万~16万円くらいが妥当な保険料だと思うのですが、加入が義務の留学会社では20万円以上の保険を勧められることが多いようです。

留学会社が指定する保険への加入が義務だったり、携帯電話の契約も強制的だった場合は少し考えた方が良いと思います。

言われるがまま20万円を超えるような高額な海外保険に入るのは一旦考えた方が賢明だと思います!

留学カウンセラーとの信頼関係が大切

counselor2

例えば、あなたがテレビやパソコンを買うために家電量販店に行くとしましょう。 A社でもB社でも購入の説明を受け、そして、まったく同じテレビが同じ値段でA社でもB社でも購入できるとします。

同じ値段の場合、あなたはどっちの電気屋で購入を考えますか??

私なら、値段が同じであれば対応が良い電気屋を選びます。その対応して頂いた販売員の方の誠意とか相性というか・・・気持ちよくその商品を購入できる方を選びます。

エージェント選びもそれと一緒のような気がします。

他社の留学カウンセラーさんがどのような案内、対応をしているか分かりませんが、全く同じ質問を投げかけたとしても会社の特徴というかカウンセラーさんの誠意や情報力は絶対に異なると思います。

色々と相談をして最終決定に至るまで1度や2度の相談では終わらないと思います。相談が進む過程で留学カウンセラーさんとの信頼関係を結び、あなたがこの人なら信用して任せられる!任せたい!という判断で申し込む留学エージェントを選んでも良いと思います。

前途した通り、留学やワーホリをするのはご自身です。

どこの留学エージェントを使うかによってあなたのオーストラリア生活がより充実するとかしないとかじゃありません。そんな神経質になることなく、かかる費用とか信頼性で選んでみては如何でしょうか?

頼り過ぎるのも注意です

no good

現地に到着した後の話しですが、なんでもかんでも留学会社に頼っていては勿体ないと思うんです。聞けば大抵のことは答えられる留学エージェントですが英語が上達するチャンスを逃している人が多いと思うんです。

例えば、なにかモノを探している時、どこに売っているか留学エージェントに聞けば直ぐに日本語で答えが返ってきます。でも、それをエージェントに聞かず学校の先生や英語でコミュニケーションが取れる周りの人に聞いてみたとします。

そこに英語での会話が生まれ、なにか英語での新しい言い回しが覚えられたり、それをきっかけに仲良くなれたり、とにかく得しかないと思うんです。

これが最初に述べた積極性や行動力であり、こういった行動が取れる人は英語が伸びる人です。

積極的に話し掛けるクセを付けるのは非常に大切だと思います。特にシャイな日本人には意外とハードルが高いことだと思うので。

現地では極力自力で解決する努力をしてどうしてもダメだった場合はエージェントを頼りにしてみて下さい。

最後に

色々と書きつづってみましたが参考になりましたでしょうか?

こんな人も多いと思います、留学やワーホリの説明会にも何度か参加して数社にカウンセリングに行き三者三様の意見を言われかえって頭がこんがらがる。

早く信頼できる留学エージェントさんに出会え用意周到に準備を進めていただければ嬉しいです!

行き詰まっていれば当社にも相談してみて下さい。

留学アドバイザーの資格を持つプロのカウンセラーよりご案内をさせて頂きます。

ryugaku-licence


入国都市のこと、語学学校のこと、かかる費用のことなど、オーストラリアへの留学やワーホリについてのご相談があればお気軽に連絡してください。

オーストラリア留学&ワーホリの手続き無料エージェントLady Go to Australia

メールで相談 ・ LINEで相談


留学エージェントに言われるがまま、高すぎる海外保険への加入を考えていませんか?

最安値の保険は1年間(12ヶ月)で127520円からご案内しています。

海外保険の詳細についてはこちらをクリック

Return Top